2007年04月08日

主なじんましんの種類

じんましんの種類
じんましんは、いろいろなわけ方がありますが、ここでは、一般的な分けかたをかきます。
まずは、症状で種類をわけます。
寒冷、温熱、コリン性、物理性(機械などの外的要因)、日光、心因性

次に、時間的です。
時間的な種類の分類の目安の基準とされている時間は、2、3週間から1か月です。
2、3週間から1か月をすぎると、慢性蕁麻疹、それよりも期間の短いものを急性蕁麻疹とよびます。
急性蕁麻疹の場合は、アレルギー性のものが多く薬の内服を10日前後で良くなります。
しかし、慢性蕁麻疹の場合は、非アレルギー性のものが、メインをしめています。
また、なかなか治らないため薬を試行錯誤していく必要があります。中には、長期間にわたるものがあり、1、2年の間症状に悩まされている人もいます。
様々な種類のものが混じり合って症状がでているのもあります。
ここで行った分類ではなく他の分類方法を見たかたは、様々な名前があるように思われますが、種類を細かく分けたもの大まかに分けたものなどの違いで、症状自体の種類は、異なりません。
ラベル:じんましん
posted by 竜 at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | じんましんの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なブログが...これについて多くの情報があります...本当に麻疹はほとんどカナダの高いワクチン接種率が原因で見られている。麻疹は、鼻や感染者の喉から液滴との接触を介して広がっている。あまり一般的で、感染者からの粒子が同じ部屋で、時間と感染他の長時間空気中や近隣のお部屋に滞在することができます。麻疹は最も簡単なウイルスの一つは、人から人へ広がることです。
発疹は4日後まで発疹が表示された後、表示される前に、麻疹に感染した人は4日、他に病気を広げることができます。
Posted by リドーラ  at 2011年03月19日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。