2007年04月03日

蕁麻疹(じんましん)Q&Aを書いたわけ

蕁麻疹(じんましん)Q&Aにお越しいただきありがとうございます。

このホームページを書き始めた第一の理由は、自分のようにじんましんで苦しんで欲しくないからです。
実は、私は、じんましんが慢性化してコリン性蕁麻疹に悩んでいます。コリン性蕁麻疹は、記事で詳しくふれますが簡単に言うと汗が原因のものです。汗をかくとじんましんがでます。

そのため、風呂に入ったり、運動をしただけで蚊にさされたようなじんましんが、体にでてきて、のんびり風呂に入ったり、きつめの運動をしただけで出てきますその痛みは、全身蚊にさされてかきむしった痛みといったものです。

なぜそこまでひどくなったかというと、正しい知識が無かったという言葉につきます。
というのも、蕁麻疹って何かにあったてできるから、病院にいって、抗アレルギー剤飲んで、腫れがなくなったらいいと思う安易な考えがここまでひどくしてしまった原因です。

こうして記事を書いている今もすこしかゆみがあります。

そんな安易な考えだったため病院の内科に行って、先生に診てもらって、薬をもらいました。



その日は、飲んでしばらくたつと蕁麻疹は、ひきました。そして二、三日たっても蕁麻疹は、出なかったので

「あっ、もう治ったんだ」

と思いました。

それで、薬の服用をやめました。

そこでいつもどうりの生活に戻りましたが、蕁麻疹は、1週間後にまた全身出てきました。

そこで、病院に行くと、食事制限をするよう言われました。
また、原因は、プロテインであるから、やめなさいとのことだったのでやめました。

その後も、まあ、次は治るだろうとなめて生活していました。

皆さんのようにじんましんについて調べなかったのです。



なんと、それを繰り返して結局4人の内科の医者に治療してもらいましたが、治りませんでした。

バカな私もさすがに、気がついてパソコンで調べましたが、蕁麻疹って検索しても、病院関連のホームページばっかりで、
素人の私が、ホームページを読んでも意味さっぱりわからず、
何か食べ物にまだあったたのがなあ。
とまだおもっていました。

そうこうしているうちに1か月がたちました。
やっぱおかしいとこれは、なにか原因が絶対あると思い、再びホームページをみても、ぶつぶつとか赤い痛みとかしかかいていませんでした。

そこで、大きい病院の内科の医師にみてもらったら、
これは、私がどうこう判断できない。


皮膚科やアレルギーの専門医に蕁麻疹を診てもらいなさい

っていわれました。

そして、頭が真っ白になって、病院に駆けこみました。

そこで、蕁麻疹の薬は、出なくなっても当分飲み続ける必要があると知りました。

でも、手遅れで慢性化した状態になっていました。



このとき悔やんだのは、なんで内科にいったのかな。
なんで、自分のしらないことをあたりまえのように言う医者が何人もいたんだろう。
ホームページがわかりやすくて、蕁麻疹になったことがある人のホームページがあったらよかったのに。



くよくよして何ヶ月かたつと、気付いたことは、自分がその第一人者になったらいいということです。

こうして、蕁麻疹について猛勉強し、このホームページをつくることにしました。どうかよろしくお願いします。








この記事へのコメント
頑張ってください。
応援しています。
Posted by happy at 2007年04月03日 16:40
私のこどもがコリン性蕁麻疹にかかって
大変なおもいをしています。
なんとか治してあげたいのですが
なかなか方法が見つかりません。
宜しくお願い致します。m(__)m
Posted by at 2010年05月04日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。